BLOG

フィルム写真について

フィルム写真について

こんにちは、KINARI FILMカメラマンの橋本です。

KINARI FILMには「FILM PLUS」というオプションがあります。
これは通常撮影するデジタルカメラに加えてフォルムカメラでも撮影する、というものなのですが、なぜ画質も撮れる枚数も優れているデジタルカメラがあるのに、あえてフィルムを使うの?と質問されることがあります。

ぼくはフィルムカメラ、フィルムで撮った写真が大好きです。
仕事の写真は基本的にはデジタルで撮っていますが、日常的に使っているのはフィルムカメラです。
ぼくたちはデジタル第一世代なので、同年代のみなさんはフィルムで撮った写真に対してあまりイメージがわかないのではないでしょうか。

フィルムってすごいんですよ。
ピントや露出を自分で合わせないといけない(これはカメラによりますが)。撮った写真をその場で確認できない。1本のフィルムで10〜36枚しか撮れない。ランニングコストがかかる。重い。
これだけのハンデがあっても、それを上回る魅力を秘めているのです。

空気感・空間感・独特の色味・粒状感、これらがフィルムには込められているのですが、一言でまとめると「味がある」ということになります。
これは言葉で説明するより写真を見てもらった方が早いと思います。

人が目にした光景は、その瞬間はデジタルカメラで撮った様に鮮明ですが、記憶の中に収められると少しずつ風化し、彩度が落ち、「味が出てくる」気がしています。
フィルムで撮った写真はまさにその記憶の中の光景に近いため、魅力的に感じてしまうのではないでしょうか。
パソコンやスマホの画面ではなく、紙に焼いたプリントで見ると、その魅力はさらに増します。

前撮りではフィルムカメラでも撮ってみませんか?といつもおすすめしています。
正直なところ、現像やプリントにお金がかかるため、現在の価格ではほぼ利益はないのですが、みなさんにフィルムの良さをもっと知ってもらいたい、なによりぼくが仕事でフィルムを使いたい、という思いでやらせてもらっています。

ちなみにフィルム撮影は基本的に前撮りやファミリーフォトなどのロケーション撮影限定のオプションなのですが、ご希望でしたら結婚式当日撮影でも使用できる場合があります。
スナップできれいなフィルム写真を撮るには一定以上の自然光が必要で、タイムスケジュール的にもある程度余裕が必要です。
なので会場や時間帯によってはフィルムでの撮影をお断りする場合がありますが、どうしてもフィルムで撮ってほしい!という方は一度ご相談ください。

最近ロケでも結婚式でもフィルムを希望される方が増えてきていて、嬉しい限りです。

KINARI FILM 橋本 2018/10/1

LATEST

ARCHIVE