BLOG

京都祇園での和装前撮り・洋装前撮り

京都祇園での和装前撮り・洋装前撮り

こんにちは、KINARI FILM カメラマンの橋本です。
最近は気持ちの良い天気が続いて嬉しい限りです。

さて、今回は京都祇園での和装前撮り・洋装前撮りレポートです。
今回のお客さんはいわゆるインバウンド、海外からのおふたりです。
香港から新婚旅行を兼ねてはるばる来てくれました。
メールでの問い合わせの段階から英語でのやりとり(ぼくは英語がほとんどできません)、なかなか大変でした…。
が、おふたりの写真に対しての熱意とgoogle翻訳のおかげでなんとか撮影日を迎えることができました。

早朝、おふたりの宿泊しているホテルへ迎えにいくところから行くところからスタート。
朝6時にホテルの前にで待ってます、とのことでしたが、ほんとにいるのか!?という少しの不安がありました。
何しろ電話での連絡ができないので、そこにそれらしき二人がいなければ確認のしようがありません。
英語や中国語が堪能であればそのあたりも事前にしっかり次善策を講じることができたのでしょうが、こちらはgoogle翻訳に頼りきりの身です…。
とにかく少しの不安を抱えながらホテルに向かったところ、、、ちゃーーんといてくれました!!この時点でぼくはかなり感動しています。

ふたりを乗せ、車で事務所に向かいお支度をスタート。言葉がわからないなりにコミュニケーションを取ってみると、なんとかわかりますね!
異文化はおもしろい。

京都和装前撮り

京都和装前撮り

京都和装前撮り

で、撮影の方は和装撮影から祇園にて。
和装はこちらのレンタルPLANで用意していました。

京都和装前撮り

京都和装前撮り

色とりどりのさるぼぼちゃんと一緒に。ここ最近インスタの撮影スポットとしてすごく有名になったみたいですね。
数年前までほんとに閑散としていたんですが。SNSってすごい。

京都和装前撮り

京都和装前撮り

京都和装前撮り

やっぱりアジア圏の方って和装を着ても全然違和感ないですよね。顔の作りは日本人とは少し違うんですが、よりエキゾチックな雰囲気がただようというか。シンプルに似合います。
ただ日本人と決定的に違うのはポージング。そう、ポージングです。
基本的に前撮りの際のおふたりの位置とポーズはこちらから指示しています。といっても光の綺麗なところを見つけて、「手繋いでくださいー」とか「ちょっと見つめあってお話しててー」とかそれぐらいのもんです。あんまりカチカチの写真が得意ではないので。
ところが海外のお客さんはほぼ100%の確率でこちらの指示なしにポーズを取ってくれます。おもむろに腕を組んだりキスをしたり。
「これは自分の方から指示しないなー」というポーズも取ってくれてある意味勉強になるし、おもしろいです。

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

洋装に着替えてからは植物園へ。銀杏の紅葉がピークな感じでした。
もうひとつ海外の方を撮っていて思うことは、「新郎が紳士」。これです。
基本的に歩くときは手を引いてエスコート、新婦さんが寒そうだったら上着をかけてあげる、これぐらいは当たり前で、撮影中にI LOVE YOUとささやいたりもします。これは文化なのでなかなか日本人に真似しろ!といっても難しいですが、女性の喜ぶことを当然のようにできることはやっぱり格好いいので全国の新郎さんにはがんばってもらいたいところです(ぼくは絶対にできない)。

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

京都ドレス前撮り

もっと海外のお客さん増えないかな。英語勉強しよう。
今回も楽しい前撮り撮影でした。

KINARI FILM 橋本 2019/11/14

TOPページにもどる

BLOGトップにもどる

LATEST

ARCHIVE